短信:2014年/10月/20日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 10月20日の短信 >>翌日

  • (政治)小渕優子経済産業相は10月20日、安倍晋三首相に辞表を提出し、「自らの問題で経済政策、エネルギー政策に停滞を与えることは許されることではない。閣僚を辞してしっかり調査し、お示しできるよう全力を傾けたい」と会見で述べた - 日経新聞
  • (スポーツ)高校野球延長タイブレーク制導入について、日本高校野球連盟は10月20日に行った技術・振興委員会で、硬式球の大会では段階を追って導入する方向で検討・議論をすることを決めた。試験的に2015年春季の都道府県・地区ブロック大会で一律に導入(延長戦10回から、1アウト満塁の段階でスタート)する。なお来年の全国高校選手権や、2016年の選抜選手権大会につながる地方大会、および来夏の全国高校選手権では導入しないが、2016年度以後については今後検討するとしている。また軟式野球に関しては得点が硬式球よりも点が入りにくいとされるため、来年からの全公式戦で導入する方針である - 産経新聞

2014年10月20日の記事

  • この日の投稿はありませんでした。