短信:2014年/1月/29日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 1月29日の短信 >>翌日

  • (社会)埼玉県警などは1月28日、新座市のアルバイト店員の男と、志木市の私立大学生の男(いづれも21)を殺人未遂公務執行妨害で逮捕した。彼らは昨年11月18日午前1:25頃、新座市の柳瀬川河川敷で、新座署に勤務している31歳の男性巡査を土手の下に突き落とし、頭や腹を蹴り飛ばしてけがをさせたとしている。県警捜査一課などによると、新座・志木の両市内で昨年11月に自転車での帰宅途中を狙ったひったくりが4件あり、私服で警戒していたこの巡査が11月18日に現場近くで発生したひったくりの連絡を受けて、土手上で物色している2人を発見。巡査は職務質問をしようとした後、2莉乃容疑者に手などをつかまれて土手から投げ落とされ、全治40日の打撲などのけがを負った。2人のうち1人は容疑を認め、もう一人も暴力をふるったことは認めているが、殺意は否認 - 埼玉新聞
原爆ドーム(2013年12月撮影)
  • (社会)広島市原爆ドームが、原爆投下と終戦70周年に当たる2015年に向けて、初めての耐震補強工事を施すことを発表した。同市内で想定される震度6弱の地震を想定した耐震調査で、ドームそのものは崩壊しないが、一部損壊の可能性があるとの診断を受け、同市は具体的な工法を2013年度中に決め、2014年度予算に設計費用を計上する方針。松井一実市長は「被爆の実相を多くの方が感じて、広島の平和の思いを発信し続けるためにも保存は重要」としている - 時事通信

2014年1月29日の記事

  • この日の投稿はありませんでした。