短信:2013年/6月/18日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 6月18日の短信 >>翌日

  • (スポーツ)サッカー・J2リーグ東京ヴェルディが、同クラスの横浜FCから三浦知良選手(46)の獲得へ向けて動いていることがわかった。近日中にも交渉が行われる見通し。三浦知選手は今年度5試合の出場にとどまっており、ここ4試合出場していない。ヴェルディはこの夏の移籍マーケット(7月19日解禁)で三浦知選手の獲得を計画している。三浦知選手はJリーグ発足当初にヴェルディ川崎(東京移転前の前身)に所属したことがあり、実現すれば15年ぶりの古巣返り咲きとなる - スポーツニッポン
  • (社会・経済)和牛のオーナー制度をうたい、全国から出資金を集め破産に追い込まれた安愚楽(あぐら)牧場の問題で、警視庁は6月18日、契約を結ぶ際、事実と異なる説明をして顧客を勧誘したとする特定商品預託法違反の容疑で、同社の三ヶ尻久美子元社長(69)ら旧経営陣の幹部3容疑者を逮捕した。関係者によると三ヶ尻元社長ら3人は破産前に出資者に対して「繁殖牛の頭数を実際よりも多く説明して勧誘した」という疑いがもたれている。同牧場は1981年設立。繁殖牛のオーナーになれば生まれた子牛の売却益から高配当が得られるといううたい文句で日本最大の酪農牧場として注目されていたが、2011年の東日本大震災により解約が殺到し、配当が遅れ、同年8月に民事再生法を申請し経営再建を模索するも、同年12月に破産した。これまでにも全国7つの府県の警察に弁護団から詐欺の容疑で告訴されたほか、警視庁にも被害の相談が相次いでいた - 時事通信
  • (社会)6月17日夕方3時半ごろ、京都市上京区にある銭湯付近から煙が出ていると119番があり、上京警察署などが調べたところ、木造2階建ての背銭湯が210㎡半焼したほか、木造2階建ての倉庫120㎡も全焼。またこの近くにある西陣織の帯製造会社「井関」の社屋の一部も焼けるなどの火災があった。「井関」の社屋には西陣織の貴重な帯などが保管されており、女性社員は「帯は煙を吸っただけでも商品価値がなくなる。全滅かもしれない甚大な被害」と語っている - 産経新聞
  • (気象)日本列島は6月19-20日にかけて、梅雨前線が活発になり雷を伴う激しい大雨になる可能性があるとして、河川の増水や土砂災害、突風や竜巻に注意をするように呼びかけている。19日午後6時までの24時間の予想降雨量(多いところ)は東海・北陸200㎜、九州北部・中国・近畿・東北150㎜などで、その後にかけてもさらに雨量が増える - 時事通信
    • (上記関連)気象庁は6月18日、北陸地方と東北地方全域の梅雨入りを発表した。北陸と東北の南部では平年から6日遅く、また東北北部は4日遅い。またフィリピンの東海上で台風4号が発生し、これが今後日本付近に近づく恐れがあり、20日にかけて北上する台風からの湿った空気が梅雨前線に流れ込みやすくなるため、更なる大雨になる可能性への注意を呼び掛けている - FNN
  • (文化)ギリシャの政府は現地6月17日に財政緊縮策の一環として閉鎖したERT(国営放送)について、放送を再開するように命令を出した。ロイターによるとERTの労働組合関係者が6月12日の放送終了後不服申し立てをしており、同国政府の行政訴訟を行う国家評議会は「閣議決定は政府の裁量内」と容認し、そのうえで新組織ができるまで国営放送を再開することを認めたという - 読売新聞

2013年6月18日の記事

  • この日の投稿はありませんでした。