短信:2013年/12月/7日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 12月7日の短信 >>翌日

特定秘密保護法案反対のための講義集会が行われた日比谷野外音楽堂
  • (政治)機密情報を漏えいした人間に対して、懲役などの罰則を強化する「特定秘密保護法案」が12月6日の参議院本会議で与党の自民公明両党賛成多数で可決された。野党が更なる審議を求めていた中で与党は採決に踏み切った。衆議院で修正合意したみんなの党日本維新の会は「拙速な決議は認められない」として一旦退席するも、みんなの党の一部は党の方針に反して本会議に出席した。これで防衛外交スパイテロリズムのそれぞれの防止の4つの分野で閣議ら行政機関の長が「特定秘密」を指定し、それを漏えいした者は最大で懲役10年を科されることになる - 時事通信
    • (上記関連)この法案の採決開始を受けて、日比谷野外音楽堂では講義集会が行われ、主催者の発表で約15000人が参加、更に会場の外や階段・通路まで同法案に反対する団体や一般の市民で埋め尽くされ「強行採決を許さない」と大声を張り上げた。同様の講義集会・デモは大阪市など全国各地で行われ、ある市民は「納得していない市民がいることを安倍晋三政権に伝えたい」「強行採決こそがテロだ!!」とシュプレフィコールを上げたほか、大学生の女性は「講義をやめるつもりはない」と述べている - 朝日新聞
    • (上記関連)東京都永田町国会周辺で行われていたこの法案の講義集会に参加していた川崎市の63歳とふじみ野市の27歳のいづれも無職の男が、同地周辺で警戒していた警察官らに体当たりなどをした疑いの公務執行妨害で逮捕した。容疑否認 - 時事通信

2013年12月7日の記事

  • この日の投稿はありませんでした。