短信:2013年/12月/31日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 12月31日の短信 >>翌日

  • (社会)アクリフーズ冷凍食品から農薬とみられる成分が検出された問題で、群馬県館林保健福祉事務所職員がアクリ社の群馬工場を12月30日立ち入り検査した。異臭などの苦情があったのは3品目の20パックで、少なくとも13の都道府県から確認され、そのうち6都府県の9パックからはマラチオンが検出されたという。ただし検出濃度はバラバラで、高濃度に汚染され、濃度が一定でないことから、原材料は汚染されておらず、製造の過程で汚染された可能性も低いとみている。また今回の問題を受けて、マルハニチロホールディングスは12月31日、「厚生労働省から、コーンクリームコロッケ1個を食べると、体重20㎏の子供に毒性の可能性があるとの指摘を受けたと話し、当初の説明に誤りがあったことを公表した - 朝日新聞
  • (文化・ひと)シンガーソングライターの大瀧詠一氏(本名:大瀧榮一=えいいち)が12月30日夜に急逝していたことが31日明らかになった。65歳。大瀧氏は東京都瑞穂町にある自宅で倒れ病院に運ばれたが死亡した。福生署によれば大瀧氏は家族と一緒だったが、119番通報を受けて病院に搬送されていた時にはすでに心肺停止の状態で、解離性動脈瘤による死亡とみられる - スポーツニッポン
    • (上記関連)大瀧氏ははっぴぃーえんどというボーカルグループで活躍し、ソロに転向後も「君は天然色」「幸せな結末」などのヒット曲を生み出したほか、山下達郎大貫妙子両氏らの参加するボーカルグループ「シュガーベイブ」など数多くの歌手の楽曲のプロデュース(監修)を担当した - 朝日新聞

2013年12月31日の記事

  • この日の投稿はありませんでした。