短信:2013年/12月/23日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 12月23日の短信 >>翌日

  • (政治)12月22日、福島第一原発事故による深刻な汚染で避難区域に指定されている福島県内の11市町村で日本国が行っている除染作業の終了時期を、最大3年間延長する方針を環境省が固めた事が明らかになった。2012年1月発表時点の除染の工程表では2013年度中に終了する計画だったが、達成済の田村市を含めた2013年度中に除染を達成する見込みの市町村は4市町村のみで、大幅に遅れている状況となっている。新たな終了時期は2016年度とし、環境省は改定した工程表を近く公表する予定。福島第一原発周辺の避難区域は、現在、放射線量に応じて区域が指定されているが、日本国は2017年度を目処に区域を見直す方針で、見直し時期までに除染を終了して各市町村が帰還や復興の計画を立てるのを容易にする狙いがある。 - 産経新聞

2013年12月23日の記事

  • この日の投稿はありませんでした。