短信:2012年/8月/3日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 8月3日の短信 >>翌日

  • (社会)8月2日未明、白石市(しろいしし)東北道ツアーバストラックと追突して31人の乗客らが怪我をする事故があった。この事故で、バスを運行していた「クルージングワールド成田市)」の運行計画で、この事故が起きたルートのバスの運転手の乗務時間が、国土交通省がこのたびもうけた新基準で定められた原則10時間とする夜間の連続運転の上限を大幅に上回る11時間半になっていたことが、同省の行った特別監査で明らかになった。宮城県警はバスの運転手(61)から任意で事情聴取を行った。運転手について入院先の病院は「少し眠かった」と話し、2ヶ月前に脳こうそくで入院後、医者から自動車の運転をやめるように忠告されていたという - 読売新聞
  • (スポーツ)ロンドン五輪バドミントン女子ダブルスで、藤井瑞希(みずき)垣岩令佳(かきいわ・れいか)両選手のチームが、カナダのチームを下してメダルが確定した。同種目は1992年のバルセロナ大会で正式種目となって以後邦人がメダル獲得を果たすのは男女を通して史上初で、4日に中国の選手と邦人初優勝をかけて対戦する - 時事通信
    • (上記関連)世界バドミントン連盟はロンドン五輪バドミントン女子ダブルスの予選リーグを勝ちあがった中国インドネシア(それぞれ1組)、韓国(2組)の合計4組について、無気力試合があったとして失格の処分を課した。これは7月31日にあったもので、世界ランキング2位の中国チームが1位での決勝トーナメント進出を逃し、準決勝で同じ国同士での直接対決を避けるために別の中国ペアが2位を狙うためにわざとサービスミスやラインオーバーなどをしたほか、韓国のチームも直接対決が組まれる恐れから同じようにわざとミスを繰り返し、審判団から「まじめにやれ」とクレームが付いたが、そのクレームに従わなかったためとされる。さらに別の韓国人ペアもインドネシアのペアと無気力試合をしていた - 日刊スポーツ

2012年8月3日の記事

  • この日の投稿はありませんでした。