短信:2012年/6月/10日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 6月10日の短信 >>翌日

  • (社会)福島第1原発の被曝事故で避難している住民の帰還支援を巡る福島県、および関係する8つの自治体による協議会で、政府双葉郡など11の市町村について、事故前の人口分布に基づいた放射線量の予測を明らかにした。それによると、避難指示を受けている86000人のうち、32%が5年後、更に18%が10年後も避難を継続する見通しであることがわかった。これは除染しない場合の放射線量について1年ごとに20年後まで提示したもので、特に大熊町は帰還できる住民が5年後で3%、10年後でも18%、双葉町でもそれぞれ25%、50%にとどまるというものである - 時事通信
  • (社会)大飯原発の再稼動を巡り、大阪府大阪市による「府・市エネルギー戦略会議」は6月9日会見を行い「原発の稼動は節電養成期間である9月までに限定するべき」という緊急声明を出した。声明では、この養成期間を過ぎた後は原発の稼動停止や万一事故があった場合、100km圏内の住民に対しての避難対策を確立するよう求めている。橋下徹大阪市市長は「夏だけ動かせば国民生活は守れる。守れないのは関西電力の利益」と野田佳彦首相を批判 - ANN
  • (社会)6月9日夕方3時過ぎ、可児市(かにし)の鳴子公民館近くにある「ふれあい広場」という公園で、ドライアイスを入れたペットボトルが爆発。その破片が同市内の中学生の右目に当たる怪我を負った。警察によると、この生徒ら9人の少年は爆発音を楽しもうとして、500mlのペットボトル2本に水とドライアイスを入れたが爆発しなかったため、衝撃を与えて足をけるなどしたところ1本爆発したという。このやり方をネットで知ったという。このような事故で国民生活センターは2007年、破片が広範囲に飛び散る危険があるとして注意を呼びかけていた - 毎日新聞
  • (社会)千葉市の6階建てビルにある飲食店(5階)で6月10日早朝、催涙ガスのようなものが何者かによって巻かれ、十数人が目やのどに痛みを訴えた。重症はない。現場には催涙ガスと見られるスプレー缶があったほか、店の窓からそのスプレー缶が投げ込まれたのを従業員が目撃したという情報もあり詳しく調べている - NHK
  • (学術)はやぶさの後継機はやぶさ2の設計が完了し、製造に入った。はやぶさ2は2014年に打ち上げられる予定。 - 朝日新聞
生涯グランドスラムを達成したシャラポワ選手(2006年全米オープン優勝時)
チベット高原
  • (社会・政治)中国の政府はチベットへの、通常政府の許可が必要とされている外国人の入境を5月末から原則として禁止していたことが明らかになった。これは同自治区の旅行当局者が6月8日明らかにしたもので、5月27日にラサチベット族2人が焼身自殺を図ろうとしたため、政府が警戒を強めているという見方もある - 朝日新聞
  • (社会・文化)食中毒大和市で発生した「炭火焼肉・ホルモン美貴亭」について、運営会社は6月9日「多大な迷惑をおかけしました」と謝罪し、同店のメニューをタレント・藤本美貴さん(27)が監修・考案したというのは「藤本さんの名前をお借りしただけ」で、実際は藤本さんではなく運営会社が考案していたということがスポーツニッポンの取材でわかった - スポーツニッポン
  • (社会)6月9日午後9:45頃、豊前市(ぶぜんし)の養鶏を行う「たまごの里まこと」から出火する火災があり、鶏の鶏舎5棟・5500㎡が全焼した。この火災で5棟中3棟にいた鶏約75000羽が死んだ。また会社の事務所にも一部延焼し、2階部分を焼いたが、従業員に死傷者なし。出火原因を調べているが、過去にも漏電事故があったという - 毎日新聞
  • (社会)6月10日午後1時頃、大阪市中央区東心斎橋の路上で、通行人の男女2人が首や腹などを数か所に亘って刺され、病院に搬送されたが間もなく死亡。大阪府警南署員が、男性を刺していた礒飛京三(いそひ・きょうぞう)容疑者(36歳 住所不定・無職)を取り押さえ、殺人未遂容疑で現行犯逮捕し、被害者死亡を受けて容疑を殺人に切り替えた。容疑は音楽ソフトメーカー勤務の会社員の男性(東久留米市・42)をキッチンナイフ(刃渡り18㎝)で刺し、その後道路を挟んで東40mほどの路上で自転車に乗っていた女性(60代?)をも襲って一旦は離れかけるがすぐに戻ってナイフを突きつけ、更に倒れていた男性を再び馬乗りの状態にして再びナイフ突きつけて脅し、殺した疑い。同容疑者は調べに対し、「死んだ2人とは面識がない。自殺しようと思い、現場近くで包丁を購入したが死に切れず、人を殺してしまえば死刑になるだろうと思ってやった」と供述しているほか、「だれでもいいから殺そうと思った」と殺人をしようとした動機を話している。また産経新聞の捜査関係者への取材によると、同容疑者は「こういう事件を起こそうと、昨日(9日)の夜からウロウロしていた」とも供述していた - 時事通信産経新聞

2012年6月10日の記事