短信:2012年/12月/11日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 12月11日の短信 >>翌日

  • (政治)総務省は12月10日、今回の衆議院総選挙期日前投票小選挙区の分)についての中間状況を明らかにし、公示翌日の12月5-9日の5日間で、有権者の2.44%に相当する254万9501人がそれを利用したと明らかにした。2009年の前回の同選挙の同時期の2.94%と比べると出足が鈍くなっていて、前回の比較では秋田県以外の46都道府県でそれが下回っている。出足の伸び悩みについては「新政党ができて様子を見ているのではないか」とする分析をするほか、29年ぶりとなる年末の選挙であり大雪の影響もあるのではないかという見方もある - 朝日新聞
  • (社会)インターネットウェブサイト上にコンピュータウィルスを組み込んだファイルを送って他人のオンラインパソコンゲーム用のIDとパスワードを不正に取得した疑いで、秋田県警はいずれも17歳の大阪府の高校生と、愛知県の専門学校生の男を不正アクセス禁止法違反で書類送検した。彼らは「オンラインゲームの有料アイテムがほしかった」として他人のIDなどを不正取得したと供述。今年5月に同法が改正され、不正アクセスを目的に他人からIDやパスワードを無断で取得する行為を禁じた規定違反を全国で初適用した - 時事通信
  • (社会)任天堂DS用ゲームソフトの技術特許を侵害したとして、ゲームソフトメーカーのセガが同業のレベルファイブを相手取って、「イナズマイレブン」のシリーズ8作品の差し止めや9億円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしたことがわかった。このゲームソフトは付属のタッチペンや指を使ってキャラクターを操作するもので、セガは訴状で「自社の取得した2件の特許権が侵害された」と主張し、12月7日に第1回の口頭弁論が行われた。レベルファイブは「反論を準備している」としており、争う姿勢を示した - 読売新聞
  • (文化・ひと)「全日本国民的美少女コンテスト」の初代優勝者で、女優として活躍する藤谷美紀さん(39)が11月に一般男性と結婚し、妊娠8ヶ月であることがわかった。藤谷さんは事務所を通して「新しい命を授かったので、その命を大切にこれからも生きていきたい」と話している。このコンテストの上位入賞者では細川直美さん、佐藤藍子さん、小田茜さん、上戸彩さんがこれまでに結婚を果たしている - オリコン
東倉里の発射台に添え付けられた北朝鮮の事実上のミサイル(2012年4月)
  • (社会)北朝鮮北西部にある東倉里(トンチャンリー)の発射台に設置中の「ミサイル」について、解体作業を進めていることが聨合ニュースの報道でわかった。韓国政府消息筋は「ロケットの一部を解体する兆候が見られた」と伝え、そのうえで「発射の準備の際に見つかった技術的な問題を解決するのか、発射の中止を念頭に置いたものかは分析中」としている。また別の消息筋の話では、「発射台に取り付けたままで技術的な欠陥を解決できるものではない」と、修理目的の解体を示唆している。北朝鮮宇宙空間技術委員会は12月10日の報道官の談話で「運搬ロケットに技術的な欠陥があった」として、当初12月10-22日の間と予告した発射期間を29日までに延長した - 聨合ニュース
  • (社会)都留市(つるし)キャンプ場で2003年に男性3人が遺体で見つかった殺人事件の上告審判決で、最高裁・第3小法廷は元建設会社社長の阿佐吉広被告(63)の死刑判決を下した第1・2審の判決を維持して、同被告の上告を棄却し、阿佐被告の死刑実刑が事実上確定した。第1審で「(阿佐)被告が殺害した」とする受刑者が、阿佐被告の上告審で「実は(阿佐)被告は現場におらず、殺したのは2002年に死んだ暴力団の元組長だった」とする証言内容を覆す陳述が提出され、一旦結審したが、その後弁論が再び開催される事態となっていた - 朝日新聞
花園神社