短信:2012年/11月/11日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 11月11日の短信 >>翌日

舛添要一氏
私の仕事館(2006年)
  • (社会)京都府木津川市精華町にまたがるの職業体験施設の「私のしごと館」について、厚生労働省が京都府の求めていた無償譲渡に応じる方針を伝えたことを、山田啓二知事が11月9日の会見で明らかにした。同施設は2003年に当時の独立行政法人「雇用能力開発機構」が580億円の工費をかけて開館。しかし毎年10数億円もの赤字を出し、2010年に事実上閉鎖されている。同機構はこれまで土地と建物の一般競争入札にかけようとしたが、応札がなかった。また京都府川も年間維持費が1800万円かかり建物の評価額も目減りしていることを受け、環境やエネルギーの研究拠点にするために譲渡を要望していた - 毎日新聞
  • (文化)高嶋政伸氏(46)と美元(みをん)さん(33)夫妻の離婚を求めていた裁判で東京家庭裁判所は11月9日、両氏の離婚を認める判決を出した。高嶋氏は美元さんと別居後離婚調停を行ったが成立せず、昨年3月離婚訴訟を起こしていた。高嶋氏は「25年間の芸能生活を投げ打ってでもよいから離婚したい」と訴え、美元さんは「妻として、家族としていたい気持ちには変わりない」として離婚を認めないよう主張。この日の裁判で同家裁は「婚姻関係は修復不可能で破綻しているといわざるをえない」とし、「婚姻を継続しがたい理由がある」として離婚を認めた - テレビ朝日
  • (社会)元プロ野球選手だった宇田東植(うだ・とうしょく 朝鮮名・朱東植<チュ・ドンシュク>)容疑者(64)が、営業禁止となっている豊島区北大塚で個室のマッサージ店を経営した風俗営業法違反で逮捕されたことが11月9日までにわかった。宇田容疑者と、すでに逮捕されている店長の男(62)は10月20日未明、個室マッサージ店「みるく」で男性客(30)に対し、中国人の女性従業員(40)に対して性的サービスを行った疑い。宇田容疑者は「店は去年9月に売った」として容疑を否認している。宇田容疑者は日本ハムファイターズなどの投手で、引退後は野球評論家となった。 - 毎日新聞テレビ朝日
  • (スポーツ・社会)中国北京で11月25日に開催される予定の北京国際マラソンについて、中国陸上競技協会は一旦申し込み拒否とした日本人の参加を認める事を決定した。これは9月の日本政府による尖閣諸島国有化によるデモの影響で、「安全上の処置」として日本人選手の受け入れを拒否したが、同協会は「北京マラソンは一貫して解放的に各国の参加を歓迎しており、日本人選手の拒否をしたことはない」としている。同大会出場に際しては公式ホームページから登録することが必要で、11月8日にその申し込みが始まったが、国籍を選択する項目欄に「日本」がなく、事実上日本人選手は出場できない状態となっていたが、11月10日からは登録が可能となった。但し、日本企業の協賛は日中国交環境の悪化などから辞退となった - 読売新聞
  • (スポーツ)野球アジアシリーズの決勝戦が11月11日に韓国釜山で行われ、日本代表巨人軍が、台湾のラミゴに6-3で勝利し、同大会初優勝となった。巨人軍は交流戦セ・リーグクライマックスシリーズ日本シリーズを含めシーズン5つ目のタイトル - スポーツニッポン 詳細
  • (スポーツ)J2サッカーリーグ最終戦が11月11日各地であり、湘南ベルマーレが逆転でJ1リーグへの来年度の自動昇格権利を得られる2位を確定させ、3年ぶりにJ1復帰を決めた。最終戦は2位の京都サンガが勝てば湘南の結果に関係なくJ1昇格権利を獲得できたが、ヴァンフォーレ甲府に0-0で引き分け。湘南は町田ゼルビアに3-0で勝利し、勝ち点差1(湘南75、京都74)の逆転でJ1自動昇格の権利を得た。残るJ1昇格権利1枠を争う昇格決定プレーオフは京都対大分トリニータ横浜FCジェフ千葉の組み合わせて11月18日に1回戦が争われる - スポーツニッポン
    • (上記関連)一方、町田は湘南に敗れたことによって、今季のJ2最下位が確定し、JFLに属するV・ファーレン長崎が同リーグで優勝したため、JFL降格が確定することになった。長崎は、11月10日・11日にあった第33節の結果によりJFL優勝が確定。11月12日の臨時理事会での入会本審査を合格した場合、長崎のJ2昇格と町田のJFL降格が正式に決定する。長崎は11月10日に行われた横浜YSCCとの試合に勝利し、勝ち点64。11日に長野パルセイロ(勝ち点59)が藤枝MYFCに負けたため、第34節(最終戦)を待たず初優勝となった - 時事通信スポーツ報知

2012年11月11日の記事

  • この日の投稿はありませんでした。