短信:2011年/2月/6日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 2月6日の短信 >>翌日

  • (政治)4月の統一地方選挙の前哨戦である名古屋市の「トリプル選挙」が2月6日(UTC+9)即日投開票される。今回のトリプル選挙は任期満了に伴う愛知県知事選挙(新人5人立候補)と前市長の辞職に伴う名古屋市市長選挙(前職と新人の計4人立候補)、および名古屋市市議会の解散の是非を問う住民投票の3本立てである。期日前投票では有権者の関心が高く、投票率の伸びも期待される。また同日は北九州市市長選挙も開催されている - 時事通信日テレNEWS24
    • 名古屋市長に再選された河村たかし氏 PD
      愛知県知事に初当選された大村秀明氏 PD
      (政治=続報)「名古屋トリプル選挙」の開票で、名古屋市市長選挙は前職の河村たかし氏(62)が再選。また愛知県知事選挙はその河村氏と連携をとった大村秀明氏(50)が初当選を確実にした。さらに名古屋市の市議会の解散を問う住民投票でも解散賛成派が圧倒して市議会の解散が確実となり出直し市議会選挙が開催される見通しになった - FNN詳細
  • (ひと・社会)1971-72年の連合赤軍事件で殺人や死体遺棄の罪に問われ1993年に死刑の実刑判決が確定した同軍元最高幹部の永田洋子死刑囚が2月5日午後10:06(UTC+9)、多臓器不全で東京拘置所で死去したと日本の法務省が2月6日発表した。65歳。永田死刑囚は脳腫瘍と診断され、脳萎縮と誤嚥(ごえん)性肺炎の治療に当たり、寝たきり状態だった - 時事通信
昨年・2010年の日本大相撲・春場所<会場:大阪府立体育館> CC-by-sa-2.0
  • (スポーツ)日本相撲協会は2月6日、3月に開催する予定だった日本大相撲春場所の開催中止を正式に発表するとともに、地方での巡業開催も年内は実施しないことも併せて発表した。放駒理事長は「現状ではファンの理解を得られない」として春場所中止を決めたとしており、さらに「ウミ(八百長メール事件の全容解明)を完全に出し切るまでは土俵上で相撲はお見せできない」として、事実上本場所の無期限自粛も示唆した。また無観客開催も実施しない - 毎日新聞詳細