県名を「とちぎ」に変更 - 定例県議会で県会議員が提案

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2008年6月9日】

毎日新聞読売新聞によると、栃木県県会議員・岩崎信さん (自民党) が6月6日 (UTC+9) の定例県議会で県名を「栃木」から「とちぎ」と平仮名表記にすることを提案した。イメージアップや知名度アップが狙い。[1][2]

毎日新聞によると、県知事福田富一さんは「法律的に可能か検討したい」と述べるにとどめた。県名変更には、県民による住民投票で過半数の賛成を得た上で、国会での議決が必要となる。[1]

なお、毎日新聞と読売新聞によると、栃木県は「日本一影の薄い県」に選ばれたこともあるという[2]

出典[編集]

  1. 1.0 1.1 『県名:「とちぎ県」はいかが 自民・岩崎県議提案、「影の薄さ」返上??? /栃木 - 毎日jp(毎日新聞)』毎日新聞、2008年6月7日 (UTC+9)。
  2. 2.0 2.1 『県名「とちぎ」に県議が提案県議会 : 栃木 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)』読売新聞、2008年6月7日 (UTC+9)。

外部リンク[編集]