相馬野馬追が実演される…大井競馬場

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2012年9月30日】

9月30日 (UTC+9)、東京都品川区にある大井競馬場にて、「相馬野馬追」の実演が行われた[1][2]。 今回の企画はTCK特別区競馬組合が行った[1]。 「相馬野馬追」は福島県相馬地方に伝わる神事であり[1]に関する文化を知ってもらうことを狙いとして、1997年から同競馬場にて行われてきた[2]。 なお、今回で17回目の実施となる[2]

今年は「甲冑(かっちゅう[2])競馬」が復活した[1][2]。 昨年は東日本大震災により、馬の輸送が出来ず実現出来なかった[2]。 甲冑競馬に臨む騎手や馬8頭[注釈 1]は、福島県南相馬市より参加した[1]。 馬8頭の中には、原発事故の発生により避難した馬もいたという[1]

当日は台風17号の接近により強風の中での実演となったが[2]、 約800メートルのコースを疾走する姿に[1][2]、 1,000人を超える観客が歓声を上げた[2]

注釈[編集]

  1. 出場馬に関しては、外部リンク「~東日本大震災復興応援イベント~相馬野馬追」を参照。

情報源[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 YOMIURI ONLINE 『駆けめぐる騎馬武者…相馬野馬追、大井で披露』読売新聞、2012年9月30日 18:31(UTC+9)。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 2.7 2.8 デイリースポーツ online 『迫力の「甲冑競馬」が復活』デイリースポーツ、2012年9月30日 (UTC+9)。

外部リンク[編集]