白馬岳大雪渓上部で大規模な土砂崩れ、3人が被害

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年8月12日】 長野県白馬村白馬岳の登山道で大規模な土砂崩れがあり、登山者が生き埋めとなったと、目撃者から大町署に通報があった。現場は、白馬大雪渓上部の葱平(ねぶかだいら)と呼ばれるあたり。山岳遭難救助隊などが急行し、2人を救出したが、田中銀之輔さんは病院で死亡を確認された。もうひとりの登山者は軽傷。目撃者によればなお女性1名が行方不明となっており、生き埋めになっているものとして捜索している。しかし、小規模ながら落石が続いており、11日の捜索は夕方までに打ち切った。県警は朝を待って、上空からの捜索を再開する予定。行方不明者の身元はわかっていない。

出典[編集]