登呂遺跡の竪穴式住居の屋根壊した中学生3人を書類送検、「チャンバラするため」

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2010年5月17日】

産経新聞読売新聞によると、特別史跡登呂遺跡静岡市駿河区)で2010年1月UTC+9)に、復元住居屋根が壊される事件があり、静岡県警静岡南署5月17日に、同市内在住の14歳の男子中学生3人を静岡地検書類送検すると共に、当時13歳の男子中学生1人を補導し、児童相談所に通告した。

産経新聞によると、同署の調べとして、これらの男子生徒らは、同年1月7日午後11時半頃に、登呂遺跡で復元された弥生時代竪穴式住居のうち2棟の茅葺屋根に上り、材約500本を引き抜いたり、屋根を支える木材約35本を折るなどして壊した疑いが持たれている。同市は損壊部分を補修している。

読売新聞によると、4人は、「チャンバラをするために引き抜いた。大事なものを壊してすみません」と話している模様である。

産経新聞によると、同市文化財課は、「職人による手作業のため、修復に時間が掛かる。真似しないでほしい」とコメントしている。

情報源[編集]