男子バレーボール日本代表、北京五輪出場権獲得 バルセロナ五輪以来16年ぶりの五輪出場

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2008年6月8日】

東京体育館 (参考資料、2008年撮影)

読売新聞によると7日、男子バレーボール北京オリンピック世界最終予選が東京体育館行われ、日本代表はアルゼンチンにセットカウント3-2で勝ち、通算成績を5勝1敗として北京オリンピック出場権を獲得した。日本代表は1992年のバルセロナオリンピック以来16年ぶりにオリンピック出場となる。この予選はアジア大陸予選も兼ねており、アジア5チームの中で1位が確定したため日本代表は北京オリンピック出場権を獲得した。

スポーツ報知によると、日本代表の植田辰哉監督は勝利の瞬間、コートにうつ伏せ・大の字に倒れこんで雄たけびを上げた。その後、選手たちに胴上げされた。試合後、植田監督は「ハッキリ言いますが、メダル狙います!」とメダル獲得宣言を発表した。

同新聞によると、植田監督は2005年から男子代表への本格的な指導を始めた。朝食をとらなかったり、茶髪だったり、挨拶ができなかったりした選手を基礎から鍛え直し、厳しい練習や筋トレを選手たちに課して16年ぶりのオリンピック出場へ導いた。

時事通信によると、当時、主将であった植田監督とともにバルセロナオリンピックに出場した荻野正二主将は「38歳までバレーができて最高の場所に出られてうれしい。この3年半、休まずに若手と同じメニューをしてきてうれしい。」と感激に浸っていた。

日本バレーボール協会の公式サイトによると、世界最終予選・女子大会の最終日(5月25日)を終えた日本の女子チームも出場権を獲得しており、男女そろってのオリンピック出場となる。

出典[編集]

外部リンク[編集]