田中氏敗れる―長野県知事選、村井氏が初当選

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年8月6日】

6日、長野県で任期満了に伴う長野県知事選挙が行われ、新人で元防災担当相の村井仁氏(69、無所属)が現職の田中康夫氏(50、無所属)を破り、初当選を果たした。

今回の選挙は8月31日に田中康夫知事の任期が満了することに伴うもので、先月20日に公示され、選挙管理委員会によれば村井仁氏と現職の田中康夫氏の2人が立候補した。投票は県内1,560ヶ所の投票所で午前7時から午後8時まで行われ、即日開票が行われた。投票率は65.98%。

この落選で、田中氏の長野県政は2期6年で幕を閉じることになった。

長野知事選確定得票[編集]

  • 当 612,725 村井   仁 無新  
  • 落 534,229 田中  康夫 無現

出典[編集]