コンテンツにスキップ

漫画家・臼井儀人さんが失踪 - 「クレヨンしんちゃん」の原作者

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)

【2009年9月18日】

47NEWSによると、「クレヨンしんちゃん」の原作者として知られる漫画家臼井儀人(うすい・よしと)さん(本名: 臼井義人、読みは同じ 51歳)が9月11日(UTC+9 以下同)から行方不明となり、臼井さんの家族らが埼玉県警春日部署捜索願を出していたことがわかった。

朝日新聞が春日部署の調べとして伝えたところによると、臼井さんは9月11日朝、家族らに「群馬県に登山してくる。夕方には帰ってくる」と伝えて家を出て、群馬県と長野県の県境に位置する荒船山(標高1422.5m)に登山に出かけたとみられている。しかし夜になっても連絡が一切ないため、9月12日に妻が捜索願を出した。この後、群馬県警などは臼井さんが遭難した可能性があるとみて登山ルートを中心に捜索を続けている。

また朝日新聞は、臼井さんの住む春日部市の近所の住民の証言として、臼井さんは新興宗教に入信し、多額の寄付も行っていたらしく、これをめぐって母親ともめることがあったと報じている。そのため、このような不和が原因で家出をした可能性もあると指摘している。

「クレヨンしんちゃん」を連載している雑誌「まんがタウン」の発行元である双葉社も臼井さんの安否を心配しており、「旅行の際はいつも行き先を教えてくれたが、連絡が取れなかったのは初めて」と担当者は話す。最後に臼井さんからの連絡があったのは9月9日だった。なお連載の原稿はすでに数ヶ月先の分まで出稿されているため、当面休載する予定はないという。

東京新聞によると、臼井さんは少なくとも9月14日までに群馬・長野両県境付近にいた可能性があると9月16日、同新聞が埼玉県警など関係各所への取材で明らかになった。それによると、臼井さんの所持する携帯電話の電波から位置を測定したところ、9月14日までに軽井沢町など群馬・長野両県境付近を移動していることが確認されたが、それ以後は携帯電話が繋がらない状態になった。

情報源[編集]

外部リンク[編集]