気象庁、7日にかけ日本全国での雷雨を予想 連日の高温が原因

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年8月6日】 気象庁は、6日午後1時35分、6日から7日にかけ日本全国で雷を伴う激しい雨が降る可能性があるとして、警戒を呼びかけた。

気象庁によると、東日本・西日本では大気の状態が不安定になり、7日午後から宵のうちを中心に、局地的に1時間に40〜60ミリ以上の激しい雷雨の降るおそれがある。気象庁は、落雷や突風、河川の増水に注意するよう呼びかけている。

東日本・西日本では、気温が連日35度を超え、暖かく湿った空気に覆われている。気象庁は、7日にかけて本州の上空に寒気が流れ込んでくるため、大気の状態が不安定になる見込みだとしている。

出典[編集]