民間駐車監視員に暴行

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年6月6日】 時事通信によると6日、警視庁麻布警察署管内で男性駐車監視員に暴行したとして、同署は公務執行妨害の疑いで東京都目黒区に住む25歳の男性店員を逮捕した。

yahooや朝日新聞が報じた同署の調べによると、男性店員が駐車禁止区域にバイクを停めた直後、監視員に注意され、かっとなって監視員の右ひざをけったという。その後、男性店員は逃走したが、監視員がナンバーを控えていたため、逮捕された。監視員に怪我はなかった。

監視員への暴行で摘発が行われたのは、改正道路交通法が6月1日に施行されて以来初めて。駐車監視員は「みなし公務員」とされ、警察官同様、公務執行妨害罪の対象となる。[1][2]

関連記事[編集]

出典[編集]