民主党、2票差で新代表に前原氏を選出

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
Jump to navigation Jump to search

【2005年9月17日】 先の衆院選で衆院第2党に留まったものの大幅に議席を減らし岡田前代表が辞任の意向を示した民主党は、17日午後から両院議員総会を開き、新代表に前原誠司(まえはら・せいじ)衆議院議員を選出した。菅直人(かん・なおと)元代表とは2票差だった。

票数
菅直人 94
前原誠司 96

民主党・中央代表選管発表の開票結果は、投票総数192、有効190票、無効2票。

前原代表は開票後、両院議員の前で「国民の信頼を取り戻す」と述べた。また、僅差だったことに触れ、管元代表に投票した方の気持ちも汲み取って、挙党一致体制を作り上げると宣言した。

一方の管元代表は、笑顔で「うれしい気持ちもある」と話した。

両院議員総会は、前原新代表・管元代表・岡田前代表の握手で終わった。

後の記者会見で、新代表は、「民主党の本気さを国民の皆さんに示したいとの一心で立候補した」「民主党は無駄を削り、既得権益にメスを入れる」などと語った。

前原新代表は、「次の内閣」防衛庁長官で、43歳。産経新聞の伝える共同通信他によると、前原氏は京都市生まれ、京都大学卒、京都府議会議員を経て1993年衆議院に初当選した。現在5期目。

前原新代表の任期は、辞任した岡田前代表の残任期間で、2006年9月まで。

出典[編集]