毎日新聞が共同通信に58年ぶり加盟 両社が包括的に提携へ

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
毎日新聞東京本社(GFDL)
共同通信本部(GFDL)

【2009年11月27日】

毎日新聞によると、同新聞社共同通信社、同通信社加盟地方新聞は11月26日(UTC+9)、記事配信で包括的業務提携を結ぶことを発表した。

発表会見には毎日新聞社から朝比奈豊社長と、共同通信社から石川聡社長、多田昭重理事会長(兼・西日本新聞社会長)が出席した。

それによると、毎日新聞は共同通信に2010年4月1日付けで加盟し、各都道府県の共同通信加盟地方新聞社から地方版記事配信で協力を受けるほか、地方紙を含めた3社合同でキャンペーンや記事の合同企画化、イベント共催などを実施する。毎日新聞は全国紙としての支局ネットワークの枠組みを維持しつつ、独自の視点からみた取材活動を展開する。

朝日新聞によると、毎日新聞は1952年に共同通信から離脱していたため、58年ぶりの再加盟となる。3社は今後毎日新聞の取材拠点がない地域からは共同通信加盟地方紙から記事を提供してもらうと共に、航空取材共有化、地方紙への毎日新聞の印刷・販売面での委託提携で経費節減を目指すという。近年の厳しい経営環境にある新聞業界で、毎日新聞は全国紙と地方紙の連携で生き残りをかけるとしている。

情報源[編集]

参考記事[編集]