次期Windowsの正式名称、「Windows Vista」に決まる

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年7月23日】

アメリカのマイクロソフトは現地時間2005年7月22日、同社のオペレーティングシステム(OS)、Windows XPの次にリリースされるOSの正式名称を「Windows Vista」(ウィンドウズ・ビスタ)にすると発表した。それと同時に、Windows Vistaの公式サイトが開設され、追って日本語版のサイトも開設された。

Vistaとは、展望、眺望、見通し、予想、美しい景色などを意味する単語である。

同OSの開発コードネームは「Longhorn」(ロングホーン)で、正式名称が発表されるまではそのコードネームで呼ばれていた。

同社は、開発者や技術者向けのベータ版を2005年8月3日(日本時間:8月4日)頃にリリースする予定と発表している。


出典[編集]