横浜FC城選手引退発表

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年11月26日】 日刊スポーツによると、日本J2リーグ横浜FCに所属するサッカー選手・城彰二選手(31歳)が2006年度限りで現役を引退することを11月23日に三ツ沢サッカー場で行われた試合後、ファンに公表した。

城選手は、左ひざなど負傷が重なり2006年の開幕前に引退を決断。「もう一度J1リーグでプレイしたいと思っていたが、今の実力では難しい」と話している。J2リーグ3試合を残していたが「苦しい戦いを勝つための起爆剤」としてあえて公表した。

朝日新聞によると、城選手は鹿児島実業高校卒業後、ジェフ市原に入団。その後横浜マリノススペインバリャドリードヴィッセル神戸、横浜FCと移籍。日本代表にも36試合・7得点を挙げており、1998フランスワールドカップ予選のアジア第3代表決定戦(イラン戦。於・マレーシア)の同点ゴールなどが知られている。

出典[編集]