横浜・クルーン、夢の球速160km越え

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年7月20日】

野球のボール(資料)

横浜ベイスターズマーク・クルーン投手が、19日の試合で時速161kmの投球を行い、日本のプロ野球史上初めて球速160km/hを越えた。甲子園球場で開かれたプロ野球セ・リーグの公式戦・対阪神戦で延長12回の裏に登板し、記録した。

クルーン投手は12回裏1アウト1塁で迎えた赤星憲広選手への6球目の投球で161kmを出し、また続く鳥谷敬選手にも初球いきなり160kmを出し、2人の打者に対し日本野球界の夢であった160km越えを成し遂げた。試合は1-1の引き分けだった。

クルーン投手はこれまでに159kmのタイ記録を数回記録し、160km越えは時間の問題とされていた。

得点経過

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 T
横浜 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1
阪神 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1

出典[編集]