楽天市場、顧客情報の一部が流出

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年7月24日】

楽天株式会社は7月23日、同社が運営しているインターネットショッピングサイト「楽天市場」に出店している1つの店舗を利用した顧客の個人情報が一部流出したと発表した。マスコミが入手した流出情報を照合したことで判明。同社はこの件を警察に通報するとともに、原因の調査を開始している。

個人情報が流出した店舗は、株式会社センターロードが運営する店舗、「AMC」である。

流出した個人情報の件数は123件で、流出した内容は、顧客の氏名住所電話番号クレジットカード番号購入した商品名生年月日

楽天株式会社の広報によると、「これまで店舗がメールを誤配信したためメールアドレスと氏名が流出したことはあるが、クレジットカード番号までが流出したのは初めて」、「現時点では流出したカード番号を使った不正取引などは確認されていない」、「クレジットカード会社に調査を依頼している」と発表している。

出典[編集]