梶本隆夫さんらが野球殿堂入り

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2007年1月13日】 日刊スポーツによると、野球殿堂の2007年度の表彰者が1月12日発表された。それによると故・梶本隆夫氏が競技者の部で、また松永怜一氏(75歳)が特別表彰の部でそれぞれ殿堂入りすることが決まり、7月20日に東京ドームで予定されているオールスター第1戦で表彰される。

梶本氏は阪急ブレーブスのエース投手として通算867試合出場・254勝を挙げた。この日殿堂入り通知書を受けた夫人・享子さんは会見で「主人(隆夫氏)がここにいないのは残念ですが、この名誉ある賞を受けることを喜んでいると思います」と話している。

また、中日新聞によると特別表彰を受ける松永氏は1965年法政大学野球部監督就任。法政三羽烏のメンバーとして知られる山本浩二田淵幸一の両選手を始めとした主力選手を育てる。また社会人野球・住友金属チームでも日本選手権大会2度優勝。1984年ロサンゼルス五輪の日本代表監督としても金メダルを獲得した。

出典[編集]