栃木県の小学生女児殺害される

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年12月3日】

12月2日から3日にかけての報道機関各社によると、12月1日午後栃木県今市市の小学1年生の女児が行方不明となった事件で、12月2日の午後2時ごろ、失踪現場から約60km東に離れた茨城県常陸大宮市の林道脇で女児が遺体で発見された。胸などに刺し傷が見つかっており、栃木県、茨城県の警察本部は合同で殺人・死体遺棄の疑いの事件として今市警察署に捜査本部を設置した。

産経新聞、朝日新聞、河北新報によると、殺害されたのは今市市立大沢小学校1年生で、同市在住の吉田有希ちゃん(事件発生当時7つ)。12月1日午後2時50分ごろ、同級生の3人と別れたが、その後夕方になっても帰宅せず、有希ちゃんの母親らが警察に届け出た。2日午前には公開捜査に踏み切り捜査を続けていたが、その捜査も虚しく12月2日の午後2時ごろ、有希ちゃんは失踪現場から約60km東に離れた茨城県常陸大宮市の林道脇にて遺体で発見された。

発見された現場は、葬儀場「おおみや広域聖苑」から南東に450m離れた位置。この近くの県道から林道を200m入り、また道路から10m下の斜面に有希ちゃんが倒れているのを野鳥採りの下見をした男性3人が見つけた。遺体は口から血を流しており、刺し傷も複数見つかっている。また現場周辺からは有希ちゃんの所持品は見つかっていない。

捜査本部は有希ちゃんの足に目立った汚れがないことなどから、犯行には自動車が使われた可能性があるとして、遺体発見現場周辺などで不審車両が無かったかを洗い出すとともに、12月3日に遺体を司法解剖して死因を特定する。

大沢小学校の説明によると、普段有希ちゃんは2年生の姉や上級生と下校するが、木曜日は授業日程の関係上1年生の生徒だけで下校していた。また途中まで祖母が迎えに来ていたが、事件発生時は迎えに行かなかった。有希ちゃんには防犯ブザーを携帯させていた。また11月30日午後3時ごろ、通学路で有希ちゃんに話しかけている不審な人物がいたという目撃情報もある。

出典[編集]