柔道技で生徒重傷も、教諭不起訴に……横浜市立中学校

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2009年10月28日】

Wikipedia
ウィキペディア横浜市立奈良中学校に関する記事があります。
Wikipedia

産経新聞読売新聞によると、2004年(UTC+9、以下同様)に横浜市立奈良中学校横浜市青葉区)で、柔道部顧問の男性教諭(31歳)が、部活動中に同部の教え子だった当時同校の3年生の生徒だった男性(19歳)に対し、脳挫傷などの重傷を負わせたとして傷害容疑で書類送検された事件(横浜市奈良中学柔道部暴行事件)で、横浜地検は10月27日に、「技をかける時に傷害の故意があったとは認定できない」として、当該の男性教諭を嫌疑不十分で不起訴とする方針を固め、同日に男性と家族に伝えた。

読売新聞によると、神奈川県警の発表として、この事件は2004年12月24日午後に同校の格技場で発生。産経新聞によると、当該の教諭は、同校で柔道部の練習中に、男性に対し投げ技絞め技を繰り返し、男性は脳挫傷などの重傷を負った。この教諭は、講道館杯日本体重別選手権で優勝経験があるという。

読売新聞によると、同県警は2007年7月に、教諭が受け身の取れない状態の男性に対し、大外刈り背負い投げなどの技をかけ続けたことが、男性が重傷を負う原因となったとして、教諭を横浜地検に書類送検した。これに対し、教諭側は「投げ技のスピードだけで血管が切れることはあり得ない」などと反論していた。

産経新聞によると、同地検は、教諭が投げ技を繰り返したことが負傷に繋がる原因と認めたが、「部活動の指導の一環であり、常識の範囲を超えて違法とまでは言えない」と判断し、教諭を不起訴とした。読売新聞によると、捜査関係者らのコメントとして、この教諭は男性の頭をに打ち付けてはいないことなどが確認されたとしている。

両新聞によると、男性と両親は2007年12月に、「指導の範囲を超えた一方的な暴行だ」として、当該の教諭や横浜市などを相手取り、計約1億8,600万円の損害賠償を求めて横浜地裁に提訴しており、27日現在係争中。また、男性と両親は、同地検の決定を不服として、検察審査会に審査の申立を行うことにしている。

情報源[編集]