松岡農林水産大臣、首つり自殺

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
現場の宿舎を示す看板(GFDL資料)

【2007年5月28日】

NHK、毎日新聞などによると、5月28日午後0時18分頃 (UTC+9)、松岡利勝農林水産大臣 (62) が東京・港区赤坂の議員宿舎で首をつっているのが発見された。松岡大臣は意識不明の重体で慶應義塾大学付属病院に搬送されていたが、午後2時に死亡が確認された。

毎日、朝日新聞によると、松岡大臣が衆議院赤坂議員宿舎の自室で倒れているのを、秘書官と SP が見つけ、警察に通報した。警視庁では、自殺とみて詳しい状況を調べている。警視庁は、リビングドアの金具にひもを掛けて首をつったとしている。

同紙によれば、今年3月以来、松岡大臣は、自らの資金管理団体の光熱水費について政治資金収支報告書に不透明な記載があり、具体的な説明を欠くまま、野党から追求されていた。さらに最近では、緑資源機構の関連団体から政治献金を受け取っていた事が発覚していた。緑資源機構は農水省所管の独立行政法人で、官製談合が明るみになり逮捕者が出ている。毎日によれば、自民党内にも辞任の要求があった。


出典