松下電器 社名変更を発表

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア松下電器産業に関する記事があります。

【2008年1月10日】

パナソニック株式会社に社名が変更される予定の松下電器産業株式会社西門真事業所(GFDL)

松下電器産業」(松下電器)は10日、10月に社名を「Panasonic」のブランド名にちなんだ「パナソニック株式会社」へと変更することを発表した。臨時取締役会において決議したといい、今後6月に開催される定時株主総会で正式決定する予定だという。

産経新聞によると松下電器はPanasonicの他にこれまでにも日本国内向けの冷蔵庫や洗濯機など白物家電のブランドで「National」も併用展開していたが世界的なブランド力を強化するため、Nationalブランドを廃止して社名・ブランド共に世界中で知られるPanasonicに統一・一本化することにしたという。

読売新聞によると松下電器は故松下幸之助氏が1918年(大正7年)に「松下電気器具製作所」として創業、90年という長期にわたって使用してきた「松下」を社名から外す。Nationalブランドは草創期の1927年(昭和2年)より使用してきた。日本以外でのブランドは2003年に「Panasonic」に統一したが、日本国内では年配の消費者らになじみのある「National」も残していた。

中日新聞によるとPanasonicブランドは1955年から使用され始めた。松下グループの売上高は日本国外が約半分にまで達している。日本国内での市場成熟などの関係からも今後は欧米や新興国を含めた海外市場を大きな成長の柱とみなし、パナソニックへの社名変更を以前から検討していた。日本経済新聞によると、松下電器の大坪社長は昨年の秋からブランド統一の検討をおこなわせており、創業家の松下家には昨年12月に社名変更を説明し賛意を得たという。

日本経済新聞によると、社名に「松下」や「ナショナル」を使っているグループ会社の社名も「パナソニック」を使ったものに変更する。社名変更に掛かる費用は概算で300億円前後と見られている。

出典[編集]