東芝ラグビー三連覇

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2007年2月4日】

4日午後2時 (UTC+9) から、秩父宮ラグビー場でマイクロソフトカップの決勝戦が行われ、東芝サントリーを逆転で下して優勝した。

毎日新聞によれば、先制したのはサントリー。サンケイスポーツによれば前半は双方1トライ1ゴールずつの7−7だった。

後半、サントリーは2ペナルティーゴールで再び6点リードした。しかし、ロスタイムに入ってルアタンギ・侍バツベイ選手がトライし、さらに吉田大樹選手がゴールを決めて、14−13と逆転勝利した。

朝日新聞によれば、最優秀選手には侍バツベイ選手が選ばれた。

関連項目[編集]

出典[編集]