東海~関東で集中豪雨被害-愛知・岡崎などで時間降水量記録更新

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2008年8月30日】

読売新聞によると、日本列島は8月28-29日 (UTC+9) にかけて活発な前線の影響で大雨が降り、特に東海関東中国の各地で広い範囲で豪雨があった。

気象庁によると8月29日午前0時以後に確認された最も多い1時間雨量では愛知県岡崎市で146ミリ、東京都町田市で115ミリ、また24時間雨量では岡崎市や埼玉県久喜市福島県川内村等で200ミリを越える大雨となった。それと同時に、岡崎市・東京都八王子市などで1時間の降水量記録、久喜市・岡崎市では24時間降水量の記録がそれぞれ更新された。

同新聞の8月29日正午現在でのまとめによると、この豪雨で愛知県の2人が死亡、愛知・三重両県と東京都内の3棟の住宅が全半壊、その他8つの都県614棟で床上まで、11都県の1263棟が床下までそれぞれ水が浸水する被害があった。岡崎市では8月29日の午前2時過ぎに市内全域の14万世帯に避難勧告を行うとともに、自衛隊にも災害派遣の要請を行った。また毎日新聞によると、名古屋市で36万6000世帯、東京都八王子市でも150万世帯などに一時避難勧告があった。

毎日新聞によると、今回の豪雨について気象庁は8月28日の夜から29日の朝にかけて北海道から本州にかけて前線が停滞し、また日本の南海上にある動きの遅い低気圧と東海上の太平洋高気圧の間に非常に湿った空気が流れて東日本に入り込みやすい気圧配置であったことと、流れ込む時間も半日程度と長時間に及んだことも影響した。またこの豪雨は2000年9月の「東海集中豪雨」に傾向が似ているという。また上空の寒気はゲリラ豪雨を起こすような低温ではないという。

出典[編集]