東映京都撮影所で火災、スタジオが全焼

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2012年5月21日】

Wikipedia
ウィキペディア東映京都撮影所に関する記事があります。

時事通信によると、5月20日午後1時35分(UTC+9)頃、東映京都撮影所京都市右京区太秦西蜂岡町)の第1スタジオで「撮影セットが燃えている」という119番通報があった。

共同通信によると、火災は同日午後3時半過ぎに鎮火状態となったが、当該のスタジオ約1,300平方メートルが全焼し、衣装小道具が置かれている倉庫の一部(約45平方メートル)も焼けた。同撮影所には、スタッフら約200人(京都市消防局による)がいたが、負傷者はいなかった。

時事通信が京都府警右京署などの話として伝えたところによると、このスタジオ内には、などのセットが複数組まれており、出火当時は、2時間ドラマの撮影準備をしていた模様。同署によると、出火直前に男性撮影スタッフがスタジオの近くの電源室でブレーカーを上げたところ、漏電警報が鳴り出したという。このため、同署は漏電による出火の可能性が高いと見て調べている。

共同通信によると、同撮影所は、時代劇テーマパーク東映太秦映画村に隣接した場所にある。同映画村は、火元のスタジオから約300メートル東に位置しており、来場者に対し、入口方向へ避難するよう館内放送で呼び掛けた。

情報源[編集]