東名高速でバスジャック、中学生少年逮捕「親に怒られた」

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
JR東海バスの同型車両 (参考資料、GFDL)

【2008年7月17日】

読売新聞によると、7月16日日本時間12時50分ごろ(UTC+9)、愛知県岡崎市東名高速道路を走行していたJR東海バス高速バス車内で、刃物を持った男が乗っていると110番通報があり、愛知県警が同高速道路・美合パーキングエリアでバスを止めさせた。車内では少年が39歳の運転手の首に刃渡り10㎝の果物ナイフを突きつけており、説得の末同13時56分ごろ銃刀法違反と監禁の疑いの現行犯でこの少年を逮捕した。このバスにいた乗客・乗員11人にけが人はいなかった。逮捕された少年は山口県宇部市在住で同市立中学校に通う14歳の中学2年生の男子生徒。

読売新聞と産経新聞、毎日新聞によると、少年は7月16日正午ごろに名古屋駅から東京駅に向う高速バス「スーパーライナー」に乗って、運転手にナイフを突きつけて「東京までノンストップで向え!!」(産経)、「とにかく走れ!!」(読売)、「スピード上げろ!!止まるな!!」(毎日)等と脅した上、2階席にいた9人の乗客を1階に下ろして監禁させたとされる。

毎日新聞によると、少年は当初警察の調べで「彼女にふられた」という動機を語っていたが、その後「親に叱られた。親をメチャメチャにしたかった。世の中を騒がせたかった」と供述内容を変えていた。また産経新聞によると、少年が犯行に使ったナイフは「愛知県内にある100円ショップで購入した」と話している他、読売新聞によると、少年は「過去(2000年5月3日)にあったバスジャック事件を見て犯行を思い立った」ことも供述していた。

出典[編集]