東京湾アクアラインで車両3台が事故 女性1人が死亡

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)

【2010年7月13日】

7月11日午前1時頃[脚注 1]UTC+9)、神奈川県川崎市川崎区浮島町東京湾アクアライン上り線で、乗用車1台とオートバイ2台が絡む接触事故があった[1][2]。この事故で1人が死亡、2人が重傷を負った[1]

神奈川県警によると、事故の際にオートバイが転倒し[1][2]、後部座席に搭乗していた横浜市都筑区大丸に住む女性(23)が頭部を強く打ってまもなく死亡[1][2]。オートバイを運転していた東京都日野市の男性(25)は足の骨を折る重傷を負い、別のオートバイを運転していた埼玉県鶴ヶ島市会社員男性(25)も右手の骨を折る重傷を負った[1][2]

県警高速隊の発表によると、現場は片側2車線の直線状のトンネル[1][2]で、高速隊が事故原因を調査している[2]

この事故の影響で、東京湾アクアラインの袖ケ浦インターチェンジ - 浮島インターチェンジ間が約12時間にわたり通行止めとなった[2]

脚注[編集]

  1. 神奈川新聞では午前0時55分頃

情報源[編集]

本ニュースは「共同通信」と「神奈川新聞」、「朝日新聞」の以下の報道を情報源としている。

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 47NEWS 『東京湾アクアラインで3台が事故 1人死亡、2人が重傷』時事通信社、2010年7月11日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 カナロコ ローカルニュース 『アクアラインで乗用車とオートバイ2台が絡む事故/川崎』神奈川新聞社、2010年7月11日。