東京大賞典2014年60回目はホッコータルマエが制し最優秀ダートホースとして認められる。幸騎手と西浦調教師は更なる高みを目指す。

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2015年1月12日】

Wikipedia
ウィキペディア東京大賞典に関する記事があります。

2014年12月29日に大井競馬場で第60回となる「東京大賞典」(GI)が実施され、ホッコータルマエ幸英明騎手、西浦勝一調教師)が勝利した。出走馬はホッコータルマエの他にも、コパノリッキーワンダーアキュートなどダートの頂点を狙う実力馬が集まった中、ホッコータルマエは1番人気を集め2着のコパノリッキーに4馬身差をつける最高のパフォーマンスを見せた[1]

幸騎手はホッコータルマエの調子を「最近の中では最高のデキだったと思います」と評した。さらには「馬が力をつけていて、このままだったらしばらく負けないんじゃないかなというくらいの力があると思います」と語り、ホッコータルマエの更なる実力の上積みに期待を示した[2]。ホッコータルマエは「チャンピオンズカップ」でも勝利しており、見事2014年の「最優秀ダートホース」として認められた[3]。ホッコータルマエの今後のレース参戦プランは西浦調教師によれば、2015年1月28日に行われる「川崎記念」を目指したのち、「ドバイワールドカップ」への再挑戦を念頭に置いているという[3][4]

今回のトピックスの一つに、海外からの参戦馬としてソイフェットが挑戦したことが挙げられる。海外からの挑戦馬が参戦するのは、2011年に東京大賞典が地方競馬として国際GIへ格上げされてから初めてのケースとなる[2]。鞍上にはケント・デザーモ騎手を迎えて挑戦体制を整えるも、レースでは16着に終わり[1]、ソイフェットを管理するレナード・パウエル調教師は、ソイフェットに肺出血の症状が見られたとコメントした[5]。今後の東京大賞典における外国馬の挑戦に関して、大井競馬の開催執務委員長を務める斉藤弘氏は2015年度のあいさつで、今後も外国勢への門戸を開いて交流を促進させる方向性を示した[6]

大井競馬場では「東京大賞典」の他にも、様々なレースやイベントが企画され、年の瀬も迫った南関東の競馬シーンを盛り上げた。「東京大賞典」は12月29日に行われたが、翌30日には「東京シンデレラマイル[7]、31日には「東京2歳優駿牝馬[8]と、立て続けに牝馬重賞レースを開催して南関東の牝馬戦線を翌年へ導いた。

ほかにも年末イベントとして「TCKラーメンサミット 2014」、「スタークルージング」などのイベントが企画され[9]、ファンをもてなす試みがなされた[注釈 1]。さらには年末ということで、12月30日に騎手一同による挨拶も企画され[9]、競馬を支えたファンへの感謝を表した[注釈 2]

注釈[編集]

  1. 実施状況については、記事内へ掲載した画像「場内イベントの模様」を参照のこと。
  2. 実施状況については、記事内へ掲載した画像「場内イベントの模様」を参照のこと。

情報源[編集]

  1. 1.0 1.1 『競走成績 - 第60回 東京大賞典(GI)』nankankeiba.com(南関東公営競馬)、2014年12月29日。
  2. 2.0 2.1 高橋華代子 『第60回 東京大賞典(GI)レースレポート』TCK(大井競馬場)、。
  3. 3.0 3.1 『最優秀ダート馬はホッコータルマエ 今年もドバイ挑戦』Sponichi Annex(スポーツニッポン)、2015年1月7日。
  4. 斎藤修 『web Furlong 2014【レースハイライト】第60回 東京大賞典G1』NAR(地方競馬全国協会)、。
  5. 『デザーモ騎手・パウエル調教師のコメントについて』TCK(大井競馬場)、2014年12月29日。
  6. 『新年のごあいさつ』TCK(大井競馬場)、2015年1月1日。
  7. 『競走成績 - 第8回 東京シンデレラマイル(SIII)』nankankeiba.com(南関東公営競馬)、2014年12月30日。
  8. 『競走成績 - 第38回 東京2歳優駿牝馬(SI)』nankankeiba.com(南関東公営競馬)、2014年12月31日。
  9. 9.0 9.1 『三浦春馬さん来場・ラーメンサミット開催!今年最後のTCKを楽しもう!~第15回開催イベント情報~(12月19日更新)』TCK(大井競馬場)、2014年12月19日。

外部リンク[編集]