東京大賞典、アジュディミツオーが連覇

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年12月30日】

12/29の東京大賞典、Gokiさん撮影

共同通信の29日の報道によると、地方競馬の統一GIレース、第51回「東京大賞典」は12月29日、東京都品川区大井競馬場の第10競走として、ダート2000mで中央競馬所属5頭を含む15頭で行われ、昨年のこのレースの優勝馬、南関東・船橋競馬所属のアジュディミツオーが2分3秒10のタイムで優勝し、2連覇を達成した。2着にはシーキングザダイヤ、3着は単勝1番人気を集めていたタイムパラドックスだった。スポーツニッポンによると、同レースの2連覇は史上初めての快挙である、と報じている。

レースの展開について、スポーツニッポンや日刊スポーツによれば、アジュディミツオーは、1コーナーのコーナリングで先頭に立つと、向正面で後続に5馬身のリードを広げ、4コーナーではリードを少なくした。最後は1馬身半差をつけ逃げ切り、先頭でゴールした。

netkeibaのニュースによると、勝ったアジュディミツオーは、2004年、無敗で東京ダービーを優勝。その後も交流戦を中心に活躍。2005年はドバイワールドカップにも参戦した。

出典[編集]