東京ヤクルト・リオス投手が禁止薬物使用

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2008年6月28日】

朝日新聞・読売新聞によると、日本プロ野球組織は28日、東京ヤクルトスワローズのダニエル・リオス投手から禁止薬物であるハイドロキシスタノゾロールを検出したため、同投手に1年間の出場停止処分を科したと発表した。また、ヤクルトは同日、同投手の解雇を決定したと発表した。

読売新聞によると、検出されたハイドロキシスタノゾロールは筋肉増強作用のあるステロイドの一種で、陸上のベン・ジョンソンがソウル五輪で使用したものと同じものであるという。

読売新聞によると、5月21日の埼玉西武戦(西武ドーム)後のドーピング検査の際、同投手の尿からこの禁止薬物が検出されたという。

朝日新聞によると、プロ野球選手の禁止薬物使用はリック・ガトームソン投手(ソフトバンク)、ルイス・ゴンザレス内野手(元巨人)に続いて3人目。

出典[編集]

外部リンク[編集]