東京ヤクルトスワローズの清水昇投手がプロ野球新記録の48ホールドを達成。

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2021年10月21日】

東京ヤクルトスワローズ清水昇投手(25)がプロ野球記録となる48ホールドを達成し、元中日浅尾拓也 (現中日2軍コーチ) が2010年に記録した47ホールドを塗り替えた[1]。10月14日には清水投手は今季49ホールドポイント(ホールド46ホールド+勝利3勝) で最優秀救援投手受賞が確定している[2]

清水昇 (情報源は、注釈がなければ[3])

1996年10月15日東京都足立区 [4]生まれ。帝京高校から國學院大學を経て2018年ドラフト1位で東京ヤクルトスワローズへ入団。2020年に最優秀中継ぎ投手のタイトルを受賞[5]。180cm、84kg。右投左打。

情報源[編集]

Wikipedia
ウィキペディア清水昇に関する記事があります。
  1. 『ヤクルト清水48ホールドNPB新記録! V目前で「東京への恩返し」完全達成も秒読み』, 日刊ゲンダイ、2021年10月18日。
  2. 『【ヤクルト】清水昇が2年連続最優秀中継ぎタイトル確定 高津監督「すごく成長を感じる」』, 東京中日スポーツ、2021年10月14日。
  3. 『個人年度別成績/清水 昇』, 日本野球機構(NPB)、。
  4. 『ヤクルト1位・清水昇は才能開花 中学野球部の異色練習』, 日刊ゲンダイ、2018年11月23日。
  5. 『2020年度 表彰選手(セントラル・リーグ)』, 日本野球機構(NPB)、。