札幌競馬場の新たな幕開け

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2014年7月26日】

Wikipedia
ウィキペディア札幌競馬場に関する記事があります。

7月26日土曜日 (UTC+9)に、札幌競馬場がグランドオープンした[1][2]。2012年から改修をスタートしており[2]、今回の改修は41年ぶりとなる[2]。なお総工事費は約140億円が費やされた[2]

開門は午前9時の予定であったが約30分前倒しされ[2]、午前8時25分に開場された[1]。開場直前に行われた除幕式では、札幌競馬場の場長を務める河原太一氏を始め、新人騎手の井上敏樹騎手(19)や小崎綾也騎手(19)およびファン代表が出席した[3]。無事に除幕がなされると、徹夜組30人を含む3285人から祝福の拍手で新たなスタートが切られた[3]JRAによると、正午までに約1万3千人が来場したという[2]

先だって、7月8日に竣工式と内覧会が行われており[4]、その際に日本騎手クラブの会長という立場で出席した武豊氏は、スタンドの良さを称えスタンドに見合うレースを披露したいと意気込んだ[4]。さらに過去へさかのぼって昨年の11月30日にてすでにパークウィンズ棟が先行オープンされているが、28日の内覧会では厳寒期の寒さ対策にも触れられており、気密性の高さを評価する声も聞かれた[5]

新スタンドの最大の目玉は120メートルに及ぶ「もいわテラス」である[6]。競馬場としては初めての試みであり、競馬場内はもとより、藻岩山札幌市内の町並みを展望できるように設計された[6]。他にも、コースへ向かう馬をすぐそばで観覧できる「はなみち」を設けるなど新たな試みがなされている[6]

レースコースの洋芝は、2012年に開催終了したのちに、2013年の秋にかけて31,600平方メートルにおよぶ張替を行い、芝の生育を促進するための更新作業も併せて実施された[7]。生育はおおむね順調であるという[7]。26日の第11レースに「札幌競馬場グランドオープン記念」が行われ、1番人気のスーパームーン号が勝利した[8]。騎乗していた四位洋文騎手は「雨が降った馬場でしたが、初回だけに走りやすい馬場でした」と馬場の良さを評価した[8]

情報源[編集]

  1. 1.0 1.1 山科武司 『競馬:札幌競馬場 改修を終えグランドオープン』毎日新聞、2014年7月26日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 『新生・札幌競馬場オープン 席取りレースも白熱』Doshinweb(北海道新聞)、2014年7月26日。
  3. 3.0 3.1 『新スタンド完成の札幌競馬場で除幕式』nikkansports.com(日刊スポーツ)、2014年7月26日。
  4. 4.0 4.1 『札幌の新スタンドを武豊が絶賛』東スポWeb(東京スポーツ)、2014年7月9日。
  5. 『新・札幌競馬場のお披露目!』札幌市、2013年12月2日。
  6. 6.0 6.1 6.2 『ユタカも絶賛!新装・札幌競馬場が完成』デイリースポーツ online、2014年7月9日。
  7. 7.0 7.1 『[馬場情報]札幌競馬場 [News]』競馬実況web(ラジオNIKKEI)、2014年7月25日。
  8. 8.0 8.1 『【札幌競馬場グランドオープン記念】(札幌)~スーパームーンが接戦制す [News]』競馬実況web(ラジオNIKKEI)、2014年7月26日。

外部リンク[編集]

関連記事[編集]