朝青龍6連覇—琴欧州、稀勢の里は敢闘賞

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年9月26日】

東京の両国国技館で25日、大相撲秋場所の千秋楽が行われ、朝青龍(本名:ドルゴルスレン・ダグワドルジさん)が優勝決定戦で琴欧州(同:カロヤン・ステファノフ・マハリャノフさん)を破り、優勝した。朝日新聞などが伝えた。

この日、12勝2敗で並んだ両力士は、それぞれ琴欧州が寄り切りで千代大海を下し、結びの一番で朝青龍が押し倒しで栃東を下して、本割りで13勝2敗で並んだ。これにより、この日寄り倒しで若兎馬を下して11勝3敗としていた稀勢の里(同:萩原寛さん)の優勝の可能性はなくなった。

優勝決定戦では朝青龍が押し出しで琴欧州を下し、朝青龍の14度目の優勝が決まった。同力士は前場所まで5連覇しており、この場所の優勝で6連覇となった。6連覇は、1987年から翌年にかけてと、1991年から翌年にかけて、大鵬が記録している。7連覇した力士、またその年1年間全場所の完全制覇はこれまでいない。また、優勝回数14回は、輪島に並んで史上5位。

25日の三賞選考委員会は、敢闘賞に琴欧州と稀勢の里を選んだ。殊勲賞、技能賞は該当者なしとされた。

出典[編集]