コンテンツにスキップ

普通郵便の切手と葉書を新デザインに変更へ・日本

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)

【2007年8月24日】 14日(日本時間、UTC+9)、日本郵政公社普通切手の一部と通常はがきのデザインを変更し、郵政民営化が実施される10月1日に合わせて発行すると発表した。日経ネットによれば、1994年1月の料金改定時に行われて以来となるデザイン改正。また、郵政民営化の記念として特殊切手「民営会社発足記念」も10月1日に発行される。

日本郵政公社によると、今回のデザイン改正は普通切手(50円、80円)と通常はがきのデザインに行われる。従来からあった普通切手のテーマである「日本の自然」より「野鳥」を題材として選び、以下のように決定された。

  • 普通50円切手は「オシドリ」のデザインへ(現在:「メジロ」)
  • 普通80円切手は「キジバト」のデザインへ(現在:「ヤマセミ」)
  • 通常はがきは「スズメ」のデザインへ(現在:「トキ」)

出典[編集]