日銀資金供給残高低伸、当座預金残高2.7%下落で

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年8月4日】 日本銀行は、2005年7月の資金供給残高(マネタリーベース=現金通貨と日銀当座預金の合計)を8月3日に発表した。7月の平均残高は、110兆1137億円(前月比0.2%減)だった。低い伸び率は、日銀当座預金残高(金融機関が日銀に預ける手元資金)が32兆817億円(前年7月比2.7%減)に下落したため。

日銀が当座預金の目標残高(30兆~35兆円)の一時的な下回りを容認していることもあり、金融機関は当座預金残高を減らす傾向にある。7月29日には、国債発行に伴う資金移動などにより目標残高を割り込んだ。

出典[編集]