日航機墜落から35年

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2020年8月12日】

墜落事故を起こした日本航空のジャンボ機(ボーイング747型機)
Wikipedia
ウィキペディア日航ジャンボ機墜落事故に関する記事があります。

1985年8月に発生し、520人が犠牲となった日航ジャンボ機墜落事故から、12日で35年を迎える[1][2]。墜落現場の群馬県上野村の「御巣鷹の尾根」では、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、今年は遺族や関係者に限り慰霊登山が行われる[1][2]。また、同じく新型コロナウイルス対策のため、参加者が集中しないように慰霊登山の日程も5日間に分散されたほか[3]、慰霊式も例年より大幅に規模を縮小して実施することになった[1][4]

情報源[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 『日航ジャンボ機墜落事故から35年 遺族や関係者に限り慰霊登山』NHK、2020年8月12日。
  2. 2.0 2.1 『搭乗便の変更 今も悔やむ 日航ジャンボ機墜落事故 きょうで35年』上毛新聞、2020年8月12日。
  3. 『日航機墜落35年 坂本九さん妻「伝えていく」』テレビ朝日、2020年8月12日。
  4. 『日航機墜落事故、きょう35年 慰霊式縮小、自宅で祈り』共同通信、2020年8月12日。