日経平均終値、5年ぶりに1万5000円台を回復

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年12月2日】

東京証券取引所(資料)

報道機関各社が伝えたところによると、12月1日の東京証券取引所日経平均株価は、終値で前日よりも258.35円上昇して1万5,130.50円となり、2000年12月13日以来5年ぶりに1万5,000円台の大台を回復した。30日には取引中に一時1万5,000円台を超えていたものの終値は1万5,000円台を下回っていた。

読売新聞・朝日新聞・産経新聞は、日本経済がデフレから脱却への期待の高まり、輸出関連・金融・建設・不動産・ハイテク関連企業などの株価が上昇したことなどが支えとなっていると見ている。また、日本経済新聞・産経新聞は欧州中央銀行の利上げ(12月1日)や、1ドル=120円台まで下落している円相場も株価を押し上げていると見ている。同じく1日の東京証券取引所の株式指標TOPIXの終値も1,559.81と、2000年7月以来の水準を回復している。

翌2日には、日経平均株価は終値で1万5,421.60円と、2005年で2番目に大きい291.10円の値上がりとなったほか、東証1部の取引総額が3兆6,084億円となり過去最高を更新した。

ここ3日間の日経平均株価の値動き(単位・円)
日付 終値・(前日比) 始値 高値 安値
11/30 14,872.15(-55.55) 14,981.34 15,013.24 14,872.15
12/01 15,130.50(+258.35) 14,914.75 15,130.50 14,880.18
12/02 15,421.60(+291.10) 15,272.62 15,421.60 15,245.36

出典[編集]