日本列島すべてで梅雨明け 東北・北陸で梅雨明け宣言

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)

【2014年7月28日】

日本の気象庁は7月28日午前11時に「北陸東北地方梅雨明けしたとみられる」と発表し、これにより梅雨がない北海道を除いて、日本列島すべての地域で梅雨明けとなった[1]

日本気象協会によると、北陸と東北南部は昨年(8月7日)よりも10日早いが、平年では北陸(7月24日)では4日、東北南部(7月25日)では3日遅かった。また東北北部は平年並みだったが昨年(8月10日)から見ると13日早かった。この期間では新潟で平年の298.6㎜を上回る377.5㎜、仙台でも平年の296.6㎜を上回る343㎜の降水量を記録した[2]

気象庁は、東北~沖縄県にかけて、7月28日の日中の最高気温は猛暑日となるところこそ少ないが、30℃を超えると予想され、引き続き熱中症に注意を呼び掛けている[1]。また今回梅雨明けした東北・北陸では今後1週間にかけても高気圧に覆われて晴れる日が多いとしている[3]

情報源[編集]

  1. 1.0 1.1 『北陸と東北が梅雨明け』日本放送協会(NHK NEWS web)、2014年7月28日。
  2. 戸田よしか 『北陸地方と東北地方 梅雨明け』日本気象協会(tenki.jp)、2014年7月28日。
  3. 共同 『北陸地方と東北地方 梅雨明け』日刊スポーツ(nikkansports.com)、2014年7月28日。

外部資料[編集]