日本企業の総売上高が1,500兆円を突破し過去最高に―2005年度法人企業統計

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年9月4日】

財務省(資料)

日本の財務省がまとめた2005年度(平成17年度)の法人企業統計が4日発表された。日本の全企業の売上高は約1,508兆円となったほか、同じく経常利益も約51兆7,000億円となり、ともに過去最高を記録した。

財務省によると、法人企業統計は金融・保険業以外の約272万の営利法人のうち、無作為に抽出して回答が得られた2万5,700法人のデータから全企業の決算を推計したもの。

売上高を詳しく見ると、サービス業、石油・石炭工業、鉄鋼業、化学工業などを中心に増加し、全体で前年度より6.2%(約88兆円)増えた。

経常利益を詳しく見ると、情報通信機械工業や食料品工業などで減少した一方、サービス業、輸送用機械工業、鉄鋼業、一般機械工業、卸売・小売業などで増加し、全体で前年度より15.6%(約7兆円)増えた。

また、売上高に占める経常利益の割合は前年度より0.3%増えて3.4%となった。

朝日新聞によると、従業員への平均給与額は前年度より0.5%減って351万円となった。

毎年の日本の全企業の売上高・経常利益の推移
売上高:, 経常利益:

単位:兆円


財務省法人企業統計年次別調査 時系列データ検索より。

出典[編集]