日本一の高さのビル・あべのハルカスが全面開業

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2014年3月7日】

あべのハルカス

共同通信産経新聞によると、近畿日本鉄道が建設していた日本一の高さのビルあべのハルカス大阪市阿倍野区)が、3月7日(UTC+9)に全面開業した。

両報道によると、既に営業を開始している近鉄百貨店本店に加え、展望台・「ハルカス300」や、大阪マリオット都ホテルも開業し、美術館もお披露目された。多様な施設を縦に並べた「立体都市」との触れ込みで、海外からの集客をも狙っている。

共同通信によると、あべのハルカスの高さは300mで、それまで日本一の高さだった横浜ランドマークタワー横浜市、296m)を抜いて日本一となった。展望台からは、天気が良ければ明石海峡大橋京都タワー関西国際空港をも一望することが可能。

産経新聞によると、展望台の高さは、最上階である60階が288メートルで、日本の屋内展望台にあっては、東京スカイツリー東京都墨田区)の「天望回廊」(450メートル)に次ぐ高さである。全面開業当日には、ハルカス内や近隣の施設を繋いだ全長約3kmのテープを、地元の子供らが一斉にテープカットした。

産経新聞によると、世界の高層建築物には、世界一高いビル「ブルジュ・ハリファ」(アラブ首長国連邦ドバイ、828m)や、「台北101」(台湾台北、508m)などがある。東京スカイツリー(634m)は、自立式電波塔としては世界一の高さである。

情報源[編集]