日本プロ野球・2006セ・リーグは中日が2年ぶり優勝

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年10月11日】 西日本スポーツによると、日本プロ野球セ・リーグは10月10日、中日ドラゴンズが2年ぶり7回目のペナントレース優勝を決めた。中日はこの日東京ドームでの読売ジャイアンツとの対戦に延長12回の末9-3で勝利したもの。

東京中日スポーツ・中日新聞によると、中日は4回ウッズ選手が3ランホームランを打って一旦先制するが、川上投手が7回に巨人の高橋(由)小久保の両選手に立て続けてホームランを打たれ3-3の同点に追いつかれ、そのまま延長戦に入る。そして延長12回、1アウト満塁のチャンスから福留選手がタイムリーヒット、さらにウッズがこの日2本目の満塁ホームランを打つなど6点を獲得して勝負を決めた。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
中日 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 6 9
巨人 0 0 0 1 0 0 2 0 0 0 0 0 3

中日は8月12日にマジックナンバー40を点灯させ、独走態勢を築こうとしたが、阪神タイガースの猛追の煽りを受けながらも2年ぶりのリーグ優勝を勝ち取った。日本シリーズ(10月21日- 相手は日本ハムソフトバンクパ・リーグ決勝戦勝者)は、中日にとって1954年に初優勝して以来52年間遠ざかっている日本一を目指す。

またこの日でセ・リーグの2006年度の順位が全て確定した。(順位表は10月10日終了時点のもの)

順位 チーム名 勝数 負数 分数 勝率 首位との
ゲーム差
1 中日 85 52 5 .620 -
2 阪神 82 57 4 .590 4.0
3 ヤクルト 69 70 2 .496 17.0
4 巨人 65 78 2 .455 23.0
5 広島 60 79 5 .432 26.0
6 横浜 57 83 3 .407 29.5

出典[編集]